R&D グループ サービスメニュー

ARアプリ、VRアプリ導入をご検討中ですか?
低コストで短期間の導入から、リッチなARアプリまでご提案します。

「企画が漠然としていて説明しづらい...」そんなお客様のご希望をしっかりキャッチ。
他にも気になる納期や費用のご質問も、社内の開発スタッフがお答えします。
豊富な開発実績をもとに様々な開発プランをご準備しています。

そもそも、ARとは?

ARとはAugmented Reality の略で、日本語では拡張現実と呼ばれています。
たとえば、スマートフォンのカメラを通して見た"現実"の世界に、CGキャラクタなどの"拡張"情報を重ね合わせて見ることで、まるで現実世界にキャラクタが存在するかのように感じることができるという技術です。
現在さまざまな種類のAR が、プロモーションやエンターテイメントの分野で注目を集めています。

ARの説明イメージ
動画(ARイメージマーカー) 動画(ARフレームマーカー) 動画(AR拡張トラッキング) 動画(AR立方体認識) 動画(ARリアルタイムマーカー) 動画(AR透過動画) 動画(全画面動画) 動画(AR動画追従再生) 動画(スタンプラリー)

VRとは?

VRとはVirtual Reality の略で、日本語では仮想現実と呼ばれています。
ARが現実世界を拡張するのに対し、VRは360°周りすべての世界を仮想の表現で覆い尽くします。
最近では特にOculus RiftやGear VR、google cardboard、ハコスコなどヘッドセットを使いVRを見ることで、高い没入感を得られることもあり、人気が高まっています。

動画(パノラマVR)

アイディア次第で、ARの利用範囲は無限大

お好きなデジタルコンテンツ(3DCG、画像、動画、パノラマ画像など)を、マーカーからはもちろん、マーカーが無い空間や、パッケージなどの既成のグラフィックから出すことができます。

販売促進のキャンペーンや、観光地やイベントの集客、設置シミュレーションや付加価値をもったパンフレットなど、さまざまなシーンでお使いいただけます。
企画段階からもお手伝いさせていただきますので、ご相談ください。

ARの活用例イメージ

シームレスな使用環境が可能になる、
iBeaconやNFC対応アプリも開発します

iBeaconは、近づいた顧客に情報を送信するなど新しい訴求ができる技術で、iPhone(iOS7~)でも使えます。
またNFCは、スマホをシール状のものにタッチするだけでアプリを起動させたり、スマホに直接アクションを起こす技術です。

「伝えたい情報にアクセスしてもらうまで道のりが遠い...」と、スマホを使ったご企画を敬遠されているお客様に、一度検討していただきたい技術です。

iBeaconやNFCを使ってできることや利用方法など、お気軽にご相談ください。
メールフォームでお問い合わせ

iBeaconのイメージ

POPLARご利用実績

ARアプリとしてPOPLARをご利用いただいた実績です。
POPLARご利用実績

受託開発実績

公開許可をいただいた実績の一部になります。

MなびAR 遺跡で散歩のアイコンMなびAR 遺跡で散歩
  • アプリ開発
  • アプリデザイン
  • 3DCG制作
アプリ名

MなびAR 遺跡で散歩
MなびAR 遺跡で散歩のイメージ

紹介サイト

南アルプス市「文化財Mなび」(外部サイトへリンク)

発注元

南アルプス市様

デバイス

iPhone / Android

仕様

3DCG表示

概要

山梨県南アルプス市様からご依頼いただき、発見された場所で、遺跡が体感できるアプリを開発させていただきました。

通常多くは、遺跡が発掘・調査された後は、ほとんどが工事で壊されるなどしてその姿を現場で体験することができません。
「現場で遺跡を体感したい」という声に応えてご企画されたアプリです。
現地の風景の中で、実際には足元に隠れていて見えない遺跡をARで再現することで風景の中に遺跡をのぞき見ることができます。

ちゃたろうのおいしい1分マジック  日東紅茶オリジナル無料ゲームアプリのアイコンちゃたろうのおいしい1 分マジック
  • アプリ開発
アプリ名

ちゃたろうのおいしい1分マジック 日東紅茶オリジナル無料ゲームアプリ
ちゃたろうのおいしい1分マジック 日東紅茶オリジナル無料ゲームアプリのイメージ

紹介サイト

日東紅茶サイト(外部サイトへリンク)

発注元

-

デバイス

iPhone / Android

仕様

タップゲーム / Webサイト誘導

iPhoneアプリ

公開終了しました

Androidアプリ

公開終了しました

概要

三井農林様の紅茶ブランド『日東紅茶』の人気キャラクター『ちゃたろう』が登場するARゲームアプリの開発を担当させていただきました。

今回のプロジェクトでは、iPhone、Android用アプリを開発いたしました。
ティーバッグを熱湯に入れて1分間蒸らすことで香りとコクが引き出され、いつもの紅茶がグッと美味しくなることから、この1分間を楽しみながら過ごしていただくARゲームが企画されました。

アプリを起動してティーバッグの個包装を映すとメニューが現れ、スタートボタンでゲームを始めることができます。
個包装の影からティーカップが次々に登場し、1分間でどれだけタップできるかを競うゲームです。

さくさくぱんだドミノゲームのアイコンさくさくぱんだドミノゲーム
  • アプリ開発
  • アプリデザイン
  • 3DCG制作
アプリ名

さくさくぱんだドミノゲーム
さくさくぱんだドミノゲームのイメージ

紹介サイト

さくさくぱんだモバイルサイト(外部サイトへリンク)

発注元

-

デバイス

iPhone / Android

仕様

ドミノゲーム / SNS連携

概要

カバヤ食品株式会社様の人気キャラクター『さくぱん』が登場する、ARゲームアプリを開発しました。

今回のプロジェクトでは、iPhone、Androidアプリの開発を担当させていただきました。
実際に販売されている商品パッケージに印刷されているマーカーをかざすことで、3Dの『さくぱん』が現れます。
指で画面をなぞると『さくぱん』をどんどん並べることができ、並べ終わったらさくぱんを倒してドミノゲームが楽しめます。
並べ方によって高得点を狙うことができます。
また、facebookやtwitterでゲームの結果を共有することができます。

「AR」こん虫・かくれんぼのアイコン「AR」こん虫・かくれんぼ
  • アプリ開発
アプリ名

「AR」こん虫・かくれんぼ
「AR」こん虫・かくれんぼのイメージ

紹介サイト

「こん虫・かくれんぼ」マーカー配布サイト(外部サイトへリンク)

発注元

ARakabane様

デバイス

Android

仕様

コンテンツ表示 / ハイライト機能

iPhoneアプリ

-

概要

3DCGクリエイターのARakabane様よりご依頼いただきました。

マーカー配布サイトからダウンロードした画像マーカーをアプリで映すと、擬態昆虫が隠れている植物が表示されます。
表示される植物は3Dなので、どんな方向からも探すことができます。
また、ハイライト機能を使って、どこに昆虫が隠れているか答え合わせもできます。

鉄道ARライブラリーのアイコン鉄道ARライブラリー
  • アプリ開発
  • アプリデザイン
アプリ名

鉄道ARライブラリー
鉄道ARライブラリーのイメージ

紹介サイト

-

発注元

ルーデンス株式会社様

デバイス

iPhone / iPad / Android

仕様

コンテンツ表示 / 撮影機能

iPhoneアプリ

公開終了しました

Androidアプリ

公開終了しました

概要

ルーデンス株式会社様より、横浜ランドマークタワーと鉄道博物館が連携した夏のイベント、『てっぱくin 横浜ランドマークタワー』の開催に際して「鉄道ARライブラリー」アプリの開発をご依頼いただきました。

今回のプロジェクトでは、iPhone、iPad、Androidアプリの開発を担当させていただきました。
横浜ランドマークタワーの会場内に点在しているARマーカーをアプリで映すと、様々な鉄道の画像をARで見ることができます。
また鉄道を背景に記念撮影を撮ることもできます。

ウルスの大冒険のアイコンウルスの大冒険
  • 企画
  • アプリ開発
  • アプリデザイン
  • 3DCG制作
アプリ名

ウルスの大冒険
ウルスの大冒険のイメージ

紹介サイト

ウルスの大冒険(外部サイトへリンク)

発注元

株式会社エンジニア様

デバイス

iPhone / iPad

仕様

ラジコン機能 / ジャイロセンサー

Androidアプリ

-

概要

株式会社エンジニア様より、同社製品「ネジザウルス」100万本セールス記念アプリの開発をご依頼いただきました。

今回のプロジェクトでは、iPhone、iPadアプリの開発を担当させていただきました。
マーカーにかざすとキャラクター「ウルス」が現れ、ラジコンのように操作することができます。
またジャイロセンサーを利用し、画面からマーカーが消えてもキャラクターが消えることなく操作し続けることができます。
チラシ広告などにマーカーを印刷していただくことで、販売店との共同販促を展開することもできます。

日本経済新聞(全国版)2012年7月30日朝刊に、株式会社エンジニア様の販促ツールとして「ウルスの大冒険」アプリが掲載されました。

MEGAMAX ARのアイコンMEGAMAX AR
  • アプリ開発
アプリ名

MEGAMAX AR
MEGAMAX ARのイメージ

紹介サイト

-

発注元

株式会社インテリア計画様

デバイス

Android

仕様

コンテンツ表示 / サイト連携

iOSアプリ

-

概要

株式会社インテリア計画様より、日本最大級の家具アウトレットストアMEGAMAXの公式ARアプリの開発をご依頼いただきました。

今回のプロジェクトでは、Androidアプリの開発を担当させていただきました。
店内にあるMEGAMAXロゴやマーカーにかざすと、最新情報やお得なクーポンがなどが現れます。
実店舗で使うことでユーザー様はお得なクーポンが入手でき、またお店側は新たな集客コンテンツとしてご利用頂いております。

未来カメラのアイコン未来カメラ
  • 企画
  • アプリ開発
  • アプリデザイン
  • アートディレクション
アプリ名

未来カメラ
未来カメラのイメージ

紹介サイト

-

発注元

フジ印刷株式会社様

デバイス

iPhone / iPad / Android

仕様

画像表示

概要

今回のプロジェクトでは、カレンダーとARアプリを組み合わせて使う「ARカレンダー」を開発いたしました。

「世界の子供たち」をテーマにしたフジ印刷の2012年版カレンダーには、CreNative( http://www.cnsrd.jp/crenative/ )を通して世界各国のデザイナーが描いた、現地の子供たちのイラストが掲載されています。
ARアプリ「未来カメラ」を通してカレンダーのイラスト見ると、子供たちが夢見る、将来の姿が映し出されます。

しろつくARびゅ~あ~のアイコンしろつくARびゅ~あ~
  • アプリ開発
アプリ名

しろつくARびゅ~あ~
しろつくARびゅ~あ~のイメージ

紹介サイト

「しろつく」公式サイト(外部サイトへリンク)

発注元

株式会社ケイブ様

デバイス

iPhone / Android

仕様

コンテンツ表示

概要

株式会社ケイブ様より、マジキュー4コマ「しろつく」の限定特典用ARアプリの開発をご依頼いただきました。

300万人の会員数を誇る、人気の携帯アプリ「しろつく」が初の4コマ漫画になって登場しました。
今回は書籍限定の特典用としてiPhoneアプリ、Androidアプリの開発を担当させていただきました。
書籍の表紙に掲載された"竹やぶイラスト"をアプリにかざすと、AR機能によって楽しいコンテンツが展開されます。

「よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012」公式ARアプリのアイコン「よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012」公式ARアプリ
  • アプリ開発
アプリ名

「よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012」公式ARアプリ
「よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012」公式ARアプリのイメージ

紹介サイト

番組紹介サイト(外部サイトへリンク)

発注元

株式会社ケイブ様

デバイス

iPhone / Android

仕様

動画再生 / 撮影機能 / Twitter連携

iOSアプリ

公開終了しました

Androidアプリ

公開終了しました

概要

株式会社ケイブ様より、テレビ朝日系列全国24局ネットで2月26日午後2時から放送された、「よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012」の公式ARアプリ開発をご依頼いただきました。

AR技術を使って番組ロゴやキャラクターに向かってカメラをかざすと、愛くるしい動物たちの動画やキャラクター画像などを見ることができます。
今回のプロジェクトでは、iPhoneアプリとAndroidアプリの開発を担当させていただきました。
AR技術を使うことでより旭山動物園の動物たちが身近に感じられ、またアプリだけで見ることができる動画や画像も楽しんでいただけます。

よみがえれ!津山城天守のアイコンよみがえれ!津山城天守
  • 企画
  • アプリ開発
  • アプリデザイン
  • 3DCG制作
アプリ名

よみがえれ!津山城天守
よみがえれ!津山城天守のイメージ

紹介サイト

-

発注元

-

デバイス

iPhone / Android

仕様

3DCG表示 / 撮影機能 / スペシャルコンテンツ

概要

津山市観光協会様の「よみがえれ!津山城天守」アプリを開発いたしました。

岡山県北部、美作地域の中心都市、津山市の中心に位置する津山城(鶴山公園)は、江戸時代に津山藩初代藩主・森忠政によって12年の歳月をかけて完成されました。
残念ながら明治初期の廃城令によって石垣を除く天守や櫓門等の建造物はすべて取り壊されてしまいました。

今回のプロジェクトでは、失われた津山城の天守をAR技術で蘇らせるべく、iPhoneアプリとAndroidアプリの開発を担当させていただきました。
城跡である鶴山公園の3か所の撮影ポイントで天守のあった方向を撮影すると、失われた天守が現在の風景の中に再現されます。
3か所全ての撮影ポイントで撮影すると、どこでも撮影可能で拡大・縮小・回転もできる3Dの津山城天守が利用できるようになります。

ガチャコン関西2011 ARアプリのアイコンガチャコン関西2011 ARアプリ
  • 企画
  • アプリ開発
  • アプリデザイン
  • 3DCG制作
アプリ名

ガチャコン関西2011 ARアプリ
ガチャコン関西2011 ARアプリのイメージ

紹介サイト

-

発注元

アジア・デジタル・コミュケーション・センター様

デバイス

Android

仕様

3DCGアニメーション表示

iOSアプリ

-

概要

アジア・デジタル・コミュケーション・センター(ADCC)様主催によるイベント「ガチャコン関西」のAndroid版公式ARアプリの開発をいたしました。

アプリでは「うちわAR」と「時空の広場AR」の2つのモードがお楽しみいただけます。
「うちわAR」モードでは、会場で配布されたうちわを映すと、かわいいすずめや実物大のアイティプランターが登場するといった企画でした。

「時空の広場AR」モードでは、大阪駅(大阪ステーションシティ)の5階にあります「時空の広場」で、金時計・銀時計の文字盤を映すと、今現在も巨大なドラゴンが登場します。

※上記は、フジ印刷株式会社に所属時の開発実績になります。