日常の詩

相変わらずのコロナ禍、終わらない緊急事態宣言

上手なお家時間の過ごし方なんて、今じゃ当たり前のように知っていますよね。

 

このブログを書いている当人も

割と充実したお家時間を過ごしているのですが

今日はこのブログ用に、

趣味で執筆活動を行っている詩を、1つ綴りたいと思います。

普段詩に触れる機会も少ないと思うので、ぜひこの機会に一度読んでみてくださいね。

 

 

――――――――――――――――――――――――――

 

「溶けた日常」

 

 

東京の夏は、肌に合わない。

 

満足に息を吸うことも

心地よい風を感じることもできない

湿気で満たされたこの夏は、何年経っても嫌いだった。

 

苦しいだけのこの夏に

涼しさを感じたのはつい最近。

 

きっと、まとまった雨が降っただけ。

そう言ってしまえばそれまでだけど

私の日常にこの夏が溶けて

「当たり前」になり始めたんだってそう思ったら

なんだかこの夏を許せる気がして、少し気持ちが楽になった。

 

嫌いだったマスクが普段着になって

アクリル越しの会話がルールになった。

異質だった全てが日常になって

気付けば毎日の「当たり前」になった。

 

窒息しそうな世の中が、深呼吸できるその日まで。

今は静かにその時を、じっと待つことにしてみよう。

 

――――――――――――――――――――――――――

 

 

どんなに異質なものでも

ずっと近くにあれば当たり前になって

いずれ意識することもなくなり、日常に溶け込んでいきますよね。

 

できれば今の騒がしい世の中が

当たり前になることは避けたいな、と思うところですが…。

 

皆さんも身体には気を付けて、充実したお家時間をお過ごしください~ノシ

 

ブログ一覧に戻る
arrow_back back

company info