ぽかぽか日和

気温もあがり春の兆しを感じる今日この頃。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

お外が気持ちいい季節になり
ピクニックとかお散歩とか、お出かけしたいですよね。
カフェでゆっくり読書も素敵です。

出不精なことが悔やまれます。笑

読書といえば、我が家には本棚が5つもあります。
まぁ陳列されているのはほぼマンガですが。

マンガだけでなく小説も大好きなわたくし。
大好きといいつつ、学生時代に比べて読書量が減ってしまいました。

時間がとりづらかったり
読みたいものが多く金銭面で悩んでしまったり。

さまざまな要因が重なり、読書欲が満たされていない現状を抱えています。

今年こそは読書欲を満たしたい!

ということで
わたしの積読をご紹介!

まずはこちら

『星やどりの声』 朝井リョウ

こちらは友人から譲り受けたもの。
まだ読めていない、ごめん!

続いてはこちら

『流星の絆』 東野圭吾

中学の頃に読了しているのですが、手元に置きたくて購入しました。
ドラマ化もされてますよね。
早く読みたい!

続きまして

『クジラの彼』 有川浩

図書館戦争シリーズや自衛隊三部作なども有名な有川先生の1冊!
自衛隊三部作の後日談が描かれていることを耳にして購入しました。
後日談とかわくわく以外の何物でもありません。

お次はこちら

『余命10年』 小坂流加

こちらは小松菜奈と坂口健太郎が主演で映画化されています。
3月4日に公開なので、映画の前に読了するつもりで購入したのですが
残念ながら間に合わなかったという悲しみ。
映画を見てから読みたいと思います!

そして

『生きてさえいれば』 小坂流加

『余命10年』と同じ著者だったので、気になり購入しました。
こちらは『余命10年』を読んでからにします。

更に

『砂漠』 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎シリーズが好きな父が間違えて2冊購入し
譲り受けたものです。
伊坂先生の作品も好きです。

と、まぁ思ったよりも多くの積読があります。
自分でも驚きです。

そして今読み進めている本はこちら

デパートへ行こう!』 真保裕一

こちらはなんと、取締役からお借りしている1冊なのです。
12月下旬にお借りしたというのに、未だ読了できずにおります。
すみません!もう少しお借りします。笑

最後に、お気に入りのブックカバーを紹介してもいいでしょうか!

“本を読むなら紙派”なので
ブックカバーにもこだわりたいところですから。

こちらー

かわいくないですか!?
がま口なんです。
とってもお気に入りです。
文庫サイズの本はこちらをつけて、読んでおります。

布でできているサイズ変更自在なブックカバーも持っています。
ハードカバーサイズの本にはこちらを使用しております。

以上、わたしの積読でした。笑

今年こそ、たくさんの本に巡り合い
インプットを増やしたい!と心に秘めております。

いずれはMy本棚をご紹介できればと思っています。

では
また会う日まで、ごきげんよう

ブログ一覧に戻る
arrow_back back

company info