草津温泉旅行

皆さん、こんにちは。

 

夏が大嫌いなCP新卒の関和と申します。

 

入社して早3ヶ月の月日が流れましたが、
学生の頃よりも時間の流れが早いなと感じるこの頃です。

 

今回、何を書こうかなと悩み、小さい頃から温泉が好きで、
よく連れて行ってもらった記憶があり、CNS入社前にも温泉目当で旅行に行きました。

 

というわけで、今回は群馬県の観光名所の一つである草津温泉(湯畑)旅行のことを書いていこうと思います。

 

 

3時間半かけて千葉から長野原草津口まで行き、そこかから15分ほどバスに乗り湯畑に到着です!3月に行ったのもあり春休み中であろう学生たちがわんさかいました。

 

①湯畑到着!

温泉は硫黄の香りがして、温度は50度~90度近くあるそうです。

足湯できる場所がいたるところにあり、足湯しながらみる湯畑は絶景でした。

また、昼間に見る湯畑と夜間にみる湯畑はまた別の景色で、夜はライトアップもされるので絶景でした。

 

②湯畑(昼)

 

③湯畑(夜)


そんな草津温泉は、Ph2の酸性で、皮膚病・神経痛・糖尿病ほか多くの症状の効能を持ちますが、その源泉は、50から90度とそのまま入浴するには、非常に高い温度です。そのため、草津温泉では、加水・加温をせずに源泉かけ流しで効能を余すとこなく得られるよう、古くから「湯もみ」が行われてきたそうです。

 

迫力もあり、体験したかったのですが、コロナのせいで中止になっており残念でした⤵

 

④湯もみ

泊まった宿も綺麗で、ご飯も豪華でした。

なんと!レトロなゲームコーナーもありました(笑)

遊びませんでしたが(笑)

 

⑤喜びの宿 高松



温泉以外にも、草津熱帯圏に行ったり、美味しい食べ物を沢山食べたり、射的をしたりと充実した旅行でした。

 

草津熱帯圏では猿には餌を上げれたり、見たことない動物が沢山いて楽しかったです。

 

⑥草津熱帯圏


100日マイタケ、絶品でした!

子供の頃以来やってなかったので、懐かしさのあまりやったら意外と取れました!

※この後景品と交換しました。

次はどこの温泉行こうかな!

ブログ一覧に戻る
arrow_back back

company info