日々のクリエイティブ

どうも、140文字程度のテキストに最適化されているため、どうやって文章を打てばいいのかわからないです。メールなら打てる、メールなら…(打てているとは言っていない)
映えという言葉からは程遠い人生を歩んでいるのですが、撮ったものが自分の好きなように実現できるとやっぱりうれしい。
ので、わたしが普段使ってる画像アプリを紹介しまーす!なんの参考になるのだろうか。わからないけれど。

まずはVSCO。課金勢です。

App Store / Google Play

フィルターも豊富なので色味とかの調整をこの子に任せています。
ちなみにわたしのお気に入りの設定はこんな感じです。

VSCO

A6フィルターにホワイトバランスは少し寒色寄りにして、あとはひたすら明るめ。
お部屋が暖色系のライトなのですが白が綺麗になる~。色味が整うと画面が多少ごちゃごちゃしててもなんとなく見れる気がして多用します。

VSCO

だがしかし、そんなTHE映えな写真を撮ることも少ないので、こちらのほうがよく使っています。RNI Films

App Store

なにがいいってGRAINかけられる上にSHARPENをマイナス値設定できるのが!最高です!
フィルムも無料範囲内でも満足できるだけの種類がある。わたしはKodakをよく使います。現実世界でも使ってました。
ザリザリにGRAINかけたあとにSHARPENをぐっとマイナスにしてぼかしがかったようにするとフィルムみが増す。と思っている。とろっとする質感が好き。
VIFNETTEは好みですがこっちも多少やったほうがフィルムみが増す気が。

これは今日のお昼の麻婆麺。

インスタグラムならここまででいいかな~って感じ(偏見)ですが、
私が生息しているのはTwitterのため、画像は映えより情報!という価値観で生きているので、
ここにさらに足していきます。

100円ショップで購入できるディスクタイプタッチペン!細い線が描ける!指だと思った位置にかけない線もすらすら!これが100円なので日本はいい国だ。

お絵描きアプリはTayasui Sketches。程よい機能数で好きです。

App Store

これをこうしてこう。

新規作成から写真を読み込んで、サイズ決定したらペンを選んで書き込む!
ペンの種類もたくさんあって鉛筆風から水彩風まであるので普通にお絵描きできます。
細いペンでレイヤーを使いたいがためにこれを文字入れにも使っていますが。


いままでの手順のやつも全部これで足してます。
こうしてTwitterに日々色んなものをアップして楽しいインターネットライフを送っています。インターネットは楽しいよ!

ブログ一覧に戻る
arrow_back back

company info